images
政府が、来年予定されている、天皇の代替わりの儀式や式典の中身について、調整を続けていますが、「即位の礼」で行われる「剣璽等承継の儀」について、皇族の参列者は、男性に限定する、という決定を行うようです。
そのように決定されますと、愛子さまが参列できない、ということになります。

それでいいんでしょうか。


NHKのニュースサイトから

「即位の礼」最初の儀式 皇族参列者は男性のみ 官房長官

天皇陛下の退位に関連する式典の基本方針について、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、憲法との整合性に配慮して基本的に前例を踏襲したと強調したうえで、皇太子さまの「即位の礼」で最初に行われる儀式での皇族の参列者は、平成の代替わりと同様に男性に限られるという認識を示しました。

この中で、菅官房長官は、天皇陛下の退位に関連する式典の基本方針について、「平成の代替わりの式典は、現憲法下で十分な検討が行われており、今回の各式典でも基本的な考え方や内容は踏襲されるべきだと確認された」と述べ、憲法との整合性に配慮して基本的に前例を踏襲したと強調しました。
また、菅官房長官は、皇太子さまの「即位の礼」で最初に行われる「剣璽等承継の儀」について、皇族の参列者は平成の代替わりと同様に男性に限られるという認識を示しました。
皇位を継承する資格がある男性皇族のみが参列してきた「剣璽等承継の儀」をめぐっては、「男女平等の観点から女性皇族の参列を認めるべきだ」という意見が有識者などから出ていました。
一方、「即位の礼」のうち、祝宴にあたる「饗宴の儀」については、「簡素化すべき」という意見も踏まえ、ことし秋以降に回数などを検討する考えを示したほか、一連の式典に、未成年である、秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまが出席されるかどうかも秋以降に判断する考えを示しました。