Unknown
ポスト安倍最右翼とされる岸田氏が、重い口を開いたようです。
長く総理大臣の座に座らせてはいけない人物を、その座にずっと座らせた責任が自民党にはあります。


NHKのニュースサイトから

「財務省は分かりやすい説明を」岸田政調会長

「森友学園」への国有地売却に関する文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことについて、自民党の岸田政務調査会長は、財務省が国民の納得を得られるように分かりやすく説明することが必要だという考えを示しました。

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、財務省は、週明けの12日、関係者に対する聞き取りの結果などを自民・公明両党に報告することにしています。
これについて、自民党の岸田政務調査会長は山梨県昭和町で記者団に対し、「週明けの財務省の報告に注目したい。国民の中から財務省の対応に疑問の声があがっているので、そういった声に丁寧に誠実にこたえるべく、説明責任を果たしていくことは大事だ。与党の立場からも国民に分かりやすい説明を求めたい」と述べました。
一方、岸田氏は、野党側が、麻生副総理兼財務大臣の責任を追及していることについて、「財務省の説明を聞き、実態がどうだったかを確認しないうちに、軽々に言うべきものではない」と述べました。