Unknown
石破氏は、もう、財務省は詰んでいる、佐川氏はすべてを話せ、ということを言っているのだろう、と、おもいます。
実際に、なにがあったのか、は、与野党の国会議員も、また、マスコミ・新聞社の記者たちもわかっているので、財務省がどうするか、を、固唾をのんで見守っている段階です。


NHKのニュースサイトから

自民 石破元幹事長 佐川前局長は国会で説明すべき

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、自民党の石破元幹事長はニッポン放送のラジオ番組で、早期に事実関係を明らかにするとともに財務省の佐川前理財局長が国会で説明すべきだという考えを示しました。

この中で石破元幹事長は、「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことについて、「だんだんつじつまが合わなくなってきたのかもしれない。早くピリオドを打たないと国家全体のためにならない。与党がどうの、野党がどうのという話ではない」と指摘し、早期に事実関係を明らかにする必要があるという認識を示しました。
そのうえで石破氏は、野党側が財務省の前理財局長の佐川国税庁長官の国会招致を求めていることについて、「ああいう立場にある人が全く国会に出てこないのは、今まで見たことがない。国会に出てきて、『何の非もありません、公平公正に行政を行いました』と言って初めて、人は『そうか』と思う」と述べ、佐川氏は国会で説明すべきだという考えを示しました。