logoそのような大きな部品がなぜ落下したのか、ということにも疑問を持ちますが、とりあえず、地上に被害がなかった、ということだそうですので、よかったとおもいます。

稲田氏が防衛大臣だったら、どうなっていたかな、と、想像しますと、小野寺氏でよかったと思うとともに、安倍首相が稲田氏を重用したことに、改めて、疑問を持ってしまいます。


NHKのニュースサイトから

空自ヘリから重さ30キロの扉落下 鹿児島 沖永良部島

6日夜、鹿児島県の沖永良部島で、この島にある基地に向かっていた航空自衛隊のヘリコプターから重さおよそ30キロの扉が落下しました。これまでのところ住宅などへの被害は確認されていないということで、自衛隊は詳しい状況を調べています。

自衛隊によりますと、6日午後6時50分ごろ、鹿児島県の沖永良部島で、航空自衛隊のCH47輸送ヘリコプターが島にある分屯基地に向かっていた際、機体後部にある扉が突然、落下しました。
扉は重さおよそ30キロ、大きさが縦1メートル60センチ、横2メートル40センチで、分屯基地の近くに落下しましたが、これまでのところ住宅などへの被害は確認されていないということです。
この機体は沖縄県の那覇基地の所属で、当時、隊員4人が乗って、夜間の着陸訓練のため飛行していたということです。航空自衛隊は、落下した扉を捜して被害がないか確認を続けるとともに当時の詳しい状況を調べています。
自衛隊機をめぐっては、先月、陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県の住宅に墜落したほか、京都や大阪の基地に所属するヘリコプターから部品が落下するなど、事故やトラブルが相次いでいます。

小野寺外相 地元の町長におわびした
小野寺防衛大臣は6日夜、記者団に対し、「関係自治体には直ちに連絡し、私からも地元の町長に直接電話をかけておわびをした。現在、被害は確認していない」と述べました。そのうえで、小野寺大臣は「CH47輸送ヘリコプターについては、航空自衛隊も陸上自衛隊も使っているので、しっかりと安全を確認するよう指示を出した」と述べました。

(引用終わり)

ドアが発見されたそうです。


読売新聞から

空自ヘリから落下ドアの一部、草地で発見

 鹿児島県・沖永良部島で6日、航空自衛隊沖永良部島分屯基地のヘリポートに着陸しようとしていた輸送ヘリコプター「CH47」から落下した後部ドアの一部(縦1.6メートル、横2.4メートル、重さ約31キロ)について、ヘリが所属する空自那覇基地は7日、ヘリポートから約200メートル離れた草地で発見したと発表した。

 同基地によると、ヘリは離着陸訓練で沖永良部島分屯基地に降りようとしていた。その際、地上にいた隊員がドアの落下を目撃。7日午前6時55分頃、捜索中の別の隊員が見つけ、回収したという。
 小野寺防衛相は同日、防衛省で記者団に、同型機の点検を指示したことを明らかにした上で、「大変遺憾。原因究明の上、再発防止を講じていきたい」と述べた。