images経済格差が拡大している、ことは、間違いない、と、消費者の一人としての実感から感じます。

しかし、年収が少ない層は、若い人たちが多いことから、安倍政権を支持する率が高い、ということがあるかもしれません。
年収が少ない層には、ナショナリズムに基づく訴えが効果的とも考えられ、マスコミ対策、ネット対策の効果もあり、安倍政権の支持に回ることが多いのではないか、と、思っています

とすれば、支持率を高めたい安倍政権としては、国民の収入が増加するようにしてはならない、ということになりますね。

もちろん、アベノミクスで、自分たちが属する富裕層には、明確な恩恵がありますしね。

本来、労働者階級は、階級闘争ということであるなら、共産党や社会党支持にまわる、というのが常識なのですけれども。