logo実は、その研究はすでにやっていました、というのは、シビリアンコントロールの危機だと思います。
あの戦艦大和の巨額の建造費をごまかしていた、旧日本海軍を思い出しました。

こんなことが許されていいのでしょうか。

ということは、少額の研究費などでは、公表できないような支出が行われている、と、考えて間違いない、と、思います。
やはり、性善説ではなくて、性悪説に立たないと、権力の監視はできませんね。

また、その能力のある装備を持つと、それを有効活用したくなる、というのが普通の感覚だと思います。

そもそも、いずも、のような艦船を、空母ではない形で運用する、ということに無理があります。

空母について研究すること自体は、憲法違反ではない、かもしれませんが、それを保有することはゆるされない、と、わたしは思います。


東京新聞から

空母化検討中の海自「いずも」 「艦載機」研究 既に着手

 小野寺五典防衛相は八日の衆院予算委員会で、海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」に艦載するのに適している最新の航空機の研究を、海自が昨春、いずもの建造業者であるジャパンマリンユナイテッド(東京都)に委託していたことを明らかにした。政府は、いずもを戦闘機の発着が可能な空母に改修することを検討中。艦載機の研究も進めていることが明らかになった。

 艦載機には、いずもと同規模の米強襲揚陸艦が搭載するステルス戦闘機F35Bを想定している。小野寺氏は艦載機の機種について、同社が研究の報告書を作成中だとして明らかにしなかった。
 海自は二〇一六年十二月、ヘリコプター搭載型護衛艦の「航空運用能力向上に係る調査研究」の委託業者を公募した。いずもによる「新種航空機」の運用に必要な性能の検討を求めた。いずもの性能に関する知識があることが応募条件だったため、一七年四月に建造業者が委託契約を結んだ。調査費は三百七十八万円。
 小野寺氏は、研究内容について「最近開発された機を念頭に置いている。どのような機が発着可能か基礎的な調査研究を行う」と説明した。立憲民主党の本多平直氏の質問に答えた。