russia
日本の国会で、政治家がなにを話しているのか、各国が注目している、少なくとも、外務大臣の発言はチェックしている、ということを物語るニュースだと思います。

北方領土返還、は、なかなか、容易なことではありません。
ロシアとアメリカが話し合わなければなりません。安倍外交で実現できるようなものではない、のです。


NHKのニュースサイトから

「平和条約交渉に否定的影響」ロシアが河野外相発言に反発

河野外務大臣が、8日の衆議院予算委員会で「核の世界を不安定にしているのは、アメリカではなくロシアだ」と発言したことについて、ロシア外務省は、「平和条約交渉に否定的な影響を及ぼす」と日本側をけん制しました。

アメリカのトランプ政権が発表した新たな核戦略に関連して、河野外務大臣は8日「現在、核の世界を不安定にしているのは、アメリカではなく、小型の核兵器の開発を進めるなどしているロシアだ」と述べました。
この発言について、ロシア外務省のザハロワ報道官はモスクワで開いた定例の記者会見で、「軍事的、政治的分野での日ロ両国の信頼醸成という優先課題に反する」と反発しました。
そのうえで、ザハロワ報道官は、「平和条約交渉を含む2国間関係全般に否定的な影響を及ぼす」と述べ日本側をけん制しました。
ロシアは、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進に向けて意欲を示す一方、日本がアメリカから新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を導入することに懸念を示すなど、日米同盟への警戒心をあらわにしています。