logoいままでの安倍首相の政治戦略から考えると、無理な強行突破はせずに、やりやすいところから迂回していく、ということが多いように思いますので、この憲法改正についても、無理はしないで、まずは、憲法改正の実績をつくる、というところが目的になるかもしれませんね。

改憲すること自体が目的化し、矮小化し、そして。
いつもの安倍政治のパターンに落ち込むのか。

羊頭狗肉にならねばいいですけれど。


NHKのニュースサイトから

自民 改憲議論で「緊急事態」 意見集約に至らず

自民党の憲法改正推進本部は、党の改正案の取りまとめに向けて31日、大規模災害などに対応するための「緊急事態対応」について議論しましたが、政府の権限強化や個人の権利の制限まで踏み込むかをめぐり両論が出され、意見の集約には至りませんでした。

自民党の憲法改正推進本部は31日、ことし初めてすべての議員を対象にした会合を開いて、改正案の取りまとめに向けた議論を再開し、去年の暮れの論点整理で意見を一本化できなかった大規模災害などに対応するための「緊急事態対応」について意見を交わしました。
この中で出席者からは「一時的に政府の権限を強化したり個人の権利を制限したりすることは、法律では十分に対応できないので、憲法に規定すべきだ」という意見の一方、「政府の権限強化などには国民の抵抗感も強く、国会議員の任期を延長できるようにする規定を設けるだけにとどめるべきだ」という指摘も出されました。
このため会合では意見の集約には至らず、引き続き議論することになりました。
一方、会合で、推進本部の本部長を務める細田前総務会長は「大きな争点の少ないものは条文化していく」と述べ、すでに改正の方向性を打ち出している「教育の無償化・充実強化」と「参議院の合区解消」については、具体的な条文案の作成作業に入る考えを示しました。