edano日教組の集会に参加した枝野代表があいさつをして、

「(安全保障法制は)集団的自衛権の一部行使を容認しており、立憲主義に違反し、憲法にも違反する。これを前提にした9条(改憲)には絶対に手を触れさせてはならない。」

と、述べたそうです。

先日、自治労の組織内の参院国会議員が、民進党から立憲民主党に移りましたし、日教組でも、枝野氏が、安倍首相の憲法改正について、批判的なあいさつをした、ということで、立憲民主党の立ち位置がはっきりしてきた、と、思います。


朝日新聞から

立憲・枝野氏「9条改憲には手を触れさせてはならない」

枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)
 (安全保障法制は)集団的自衛権の一部行使を容認しており、立憲主義に違反し、憲法にも違反する。これを前提にした9条(改憲)には絶対に手を触れさせてはならない。一切妥協なく、徹底して貫いて参りたい。今年も政治の世界は一寸先は闇、何があるか分からないが、軸をぶらすことなく、筋を通して前へ進んで参りたい。(日教組の「新春の集い」で)