logo
北朝鮮は、巡航ミサイルを保有していない、と、思います。
つまり、今回のイージスアショアの導入理由が、北朝鮮の危機だけとすると、今後の情勢変化によっては、導入目的が消失する可能性があるため、かな、とも思います。

まるで、「多目的ダム」みたいだな。
一つの理由では、ダムを建設する理由には届かないので、いろいろな理由を積み上げて、建設費を引き出す。

拡大する自衛隊の機能と規模、また、アメリカの軍産企業に恩恵をもたらすこと、など、いろいろ、疑問のある政策だと思っています。


毎日新聞から

小野寺防衛相
陸上配備型イージス施設を視察 米ハワイ

 小野寺五典防衛相は10日午前(日本時間11日午前)、米ハワイ州カウアイ島にある陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の試験施設を視察した。小野寺氏は「さまざまなミサイル防衛に役立つ基礎的インフラに発展させていきたい」と述べ、将来的に巡航ミサイルや航空機などの迎撃にも活用する考えを示した。

 小野寺氏が米ミサイル防衛局のグリーブス局長にレーダーによる電波障害などについて質問したのに対し、グリーブス氏は「電波の人体への影響や通信障害、騒音は確認されていない」と説明。小野寺氏は米海軍がイージス艦への導入を予定している新型レーダー「SPY(スパイ)6」の試験施設も視察した。
 イージス・アショアは、イージス艦に搭載している迎撃ミサイル「SM3」を陸上に配備するシステム。政府は北朝鮮の弾道ミサイルに対処するため、昨年末に導入を決めた。