imagesいま、国税庁長官を務めている佐川氏は、前任の財務省理財局長を務めているときに、森友学園問題に関する国会審議で、野党の追及をはぐらかす答弁を繰り返し、政権を守る働きをしました。

いま、佐川国税庁長官は、野党からも、激しく批判されています。
国税庁は、マルサとも呼ばれる査察の権限を持っており、新聞社も佐川氏を批判することには、遠慮があるかもしれません。
そんなことがあってはならないのですけれど。

さて、安倍首相は、佐川国税庁長官を守ることができるでしょうか。