連合神津会長首相が、財界に賃上げを要請する、というチグハグな状況を許しているのは、連合に大きな責任がある、と、私は思います。

高度プロフェッショナル制度 以外にも、財界の要望による労働制度の改革がありますが、これらについても、しっかりと議論をしておくべき、と、思います。


NHKのニュースサイトから

連合 働き方改革「高度プロフェッショナル制度」削除を

連合の神津会長は年頭の記者会見で、政府が国会に提出する方針の働き方改革の関連法案について、働いた時間ではなく、成果で評価するとして労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」の規定を削除すべきだという考えを重ねて示しました。

政府は、時間外労働の上限規制を導入する一方、働いた時間ではなく、成果で評価するとして労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を設けるなどとした働き方改革の関連法案を、今月22日に召集される通常国会に提出する方針です。
これについて、連合の神津会長は年頭の記者会見で、「長時間労働の是正は最優先課題だ。一刻も早く対策を実行に移すべきで、法律にそのことを明確に込めなければいけない」と述べました。
一方で、神津会長は、「高度プロフェッショナル制度」について、「必要性を全く感じない。今やるべきことは長時間労働を是正し過労死をなくすことで、それに逆行する懸念のある法律をつくる必要はない」と述べ、規定を削除すべきだという考えを重ねて示しました。
また神津会長は、民進党が、通常国会に向け、立憲民主党と希望の党との統一会派の結成を目指していることについて、「あくまでも一般論だが、野党が力を合わせていくのは国民のためにもなる。それぞれの野党が懐深く連携してもらいたい」と述べました。