観たいと思っていた映画「否定と肯定」を観てきました。

ヒトラーのナチスが行ったホロコーストを、なかったと主張する歴史学者と、ユダヤ人の女性大学教授の法廷劇。
実話に基づく映画だそうです。

ヘイトスピーチや、慰安婦問題のことを、思い出すながら、映画を鑑賞しました。