images沖縄の米軍側がどんな対応をするのか、ということも、しっかりとみておかねばなりませんが、こういうことがあるから、普天間基地は返還、というのは当然のことと思います。

問題は、そのためには、その代替基地を辺野古に建設しなければならない、といところにあります。


NHKのニュースサイトから

保育園に米軍の航空機からの落下物か 沖縄 宜野湾

沖縄県宜野湾市によりますと、7日午前、市内の保育園で、アメリカ軍の航空機からの落下物と見られる長さ15センチほどの筒状の物体が見つかりました。けが人はいないということです。

物体が見つかったのは宜野湾市野嵩にある緑ヶ丘保育園で、7日午前10時20分ごろ、アメリカ軍の航空機が通過した直後、保育園の職員が屋根に長さ15センチほどの筒状の物体があるのを見つけたということです。
「緑ヶ丘保育園」はアメリカ軍普天間基地のそばにあり、神谷武宏園長は、NHKの電話取材に対し、「屋根の上からドーンという音がしたので見てみたところ、USなどと書かれた筒状のものが落ちていた。当時、子どもたちは物体が落ちた建物のすぐ隣にある園庭で遊んでいた。上空はアメリカ軍の航空機の飛行ルートになっていて、いずれこういうことが起きると思っていたが、まさかという思いだ」と話していました。