logo選挙できちんと選出されているので、政治の世界で活躍されることは当然とも思うのですが、とはいえ、割り切れない思いがあるのも正直なところなのです。

自衛隊や防衛大学出身者が政治家となることについて、常々、疑問を持っています。


東京新聞から

佐藤氏、自衛官服務宣誓で決意 参院外交防衛委で、野党批判

 佐藤正久外務副大臣は5日の参院外交防衛委員会で、自衛官が入隊する際に署名する「服務の宣誓」を引用して副大臣の職務に当たる決意を表明した。野党からは「実力組織である自衛隊の宣誓を引用するのは不適切だ」(共産党の井上哲士氏)などと批判が相次いだ。

 委員会の所信聴取で、佐藤氏は服務の宣誓を引用する形で「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め、もって国民の負託に応える決意だ」と述べた。佐藤氏は元陸上自衛官で、イラク派遣部隊の指揮官を務めた。
 民進党の小西洋之氏は、軍国主義に外交が支配された戦前を想起させるなどと反発し、佐藤氏の罷免を求めた。