images共産党は、証人喚問を求めているようですが、野党としては、参考人招致を求めたようです。


NHKのニュースサイトから

森友学園問題 衆予算委で野党が参考人招致求める

衆議院予算委員会の与野党の筆頭理事らが会談し、野党側は、来週行われる質疑で森友学園をめぐる問題などの真相を解明すべきだとして、財務省で理財局長を務めていた国税庁長官らを参考人として招致するよう求めました。

衆議院予算委員会は、来週27日と28日の2日間、安倍総理大臣とすべての閣僚に出席を求めて質疑を行うことにしていて、24日、与野党の筆頭理事らが対応を協議しました。
この中で、野党側は、大阪の学校法人「森友学園」をめぐる問題で、会計検査院が検査結果を国会に提出したことなどを受け、真相を解明すべきだとして、財務省で理財局長を務めていた佐川国税庁長官らを参考人として招致するよう求めました。
また、野党側は、加計学園をめぐる問題の真相解明も必要だとして、加計学園の加計孝太郎理事長や安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問も求めました。
これに対し、与党側は、持ち帰って検討する考えを伝えました。
野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の逢坂誠二氏は、記者団に対し「会計検査院の報告には政府の説明と違うことが書いてあり、政府が言ってきたことと会計検査院の指摘を埋める1つのカギは、参考人などからしっかり話を聞くことだ」と述べました。

自民 石破氏「最もふさわしい人が説明を」
自民党の石破元幹事長は東京都内で記者団に対し、「会計検査院が『適切でない』と言っているので、『適切だ』というのならば得心がいく説明をしてほしいし、適切でないならどこをどう改めるか、最もふさわしい人が説明すべきだ」と述べました。
また、石破氏は、野党側が衆議院予算委員会に、財務省で理財局長を務めていた佐川国税庁長官を参考人として招致するよう求めていることについて、「歴代の長官で、1度も記者会見したことがない人はいない。国民に『どうして』という思いが募っていくことは、あまりいいことではない」と述べました。

共産 首相夫人の証人喚問求める
共産党の笠井政策委員長は記者会見で、森友学園をめぐる問題について、「疑惑の解明には、関係者の証人喚問が必要だ」と述べ、来週の衆参の予算委員会で、安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問を求めていく考えを示しました。
この中で、笠井政策委員長は、大阪の学校法人「森友学園」に国有地が8億円余り値引きされて売却された問題で、会計検査院が国会に提出した検査結果について、「ただ同然で払い下げた疑惑が一層明らかになった」と指摘しました。そのうえで、笠井氏は「疑惑の解明には関係者の証人喚問が必要だ」と述べ、来週の衆参の予算委員会で、安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問を求めていく考えを示しました。