images自民党を支持する人々の多くは、公明党の有力な支持団体である創価学会のことを好きではない、と、ずっと感じています。
できれば、公明党との連立はやめたい、自民党単独で政権を担いたい、と、思っているはずです。

しかし、二大政党制をめざす小選挙区制のもと、公明党がキャスティングボードを担っている、ということが明確になってきました。

茨城県知事選挙の結果をみれば、今の自民党は、公明党の支援がないと、選挙に勝てないことがよくわかります。知事選挙と、小選挙区の衆議院選挙の構図はよく似ている、と、思います。
また、共産党と民進党が連携すると、自民党と公明党の連携よりも多くの票を獲得できる、かもしれないのですが、民進党としては、共産党と組むことで、保守層の支持者が離れることを怖がっている、と、思います。

わが国における、二大政党制、小選挙区制、これから、どう漂流していくでしょうか。