images京都産業大学は、記者会見を開いて、獣医学部新設の申請をあきらめた経緯を発表しました。
いろいろ、背景があってのことと推察します。

ところで、大学という高等教育機関、それも、理系の専門職を養成する獣医学部となりますと、質の高い教員を多数集める必要がある、と、思います。
京都産業大学は、その点で、断念した、と、述べていました。

加計学園は、大丈夫なのでしょうか。
それも、既存の大学を超える大規模な定員となる獣医学部のようですけれども。

特例、とか、暫定的な措置、とか、で、乗り切るのかしら。


読売新聞から

京産大、獣医学部新設を断念「教員確保が困難」

 京都産業大(京都市)の黒坂光副学長は14日、同大学内で記者会見し、国家戦略特区を利用した獣医学部新設について「(政府が決めた)2018年4月の設置に向けては準備期間が足りなかった。今後も十分な経験、質の高い教員を、必要な人数確保するのは困難と判断した」と語り、教員確保が難しいことを理由に断念する方針を発表した。

 文部科学省が認めていない獣医学部の新設を巡っては今年1月、学校法人「加計かけ学園」が国家戦略特区(愛媛県今治市)での開設を認められた。野党は、安倍首相が長年の友人の同学園理事長に便宜を図るため、京産大ではなく、加計学園を選んだのではないか――と批判しているが、京産大側の事情で認定に至らなかったという側面が判明した。黒坂氏は、新設が認められた後に教員を確保する予定であったことも明らかにした。
 政府は、正式な手続きにのっとって加計学園を認定したとの説明を続けていく方針だ。