AS20160711000286_comm
民進党の議員の一部が、蓮舫代表に戸籍の公開を求めているそうです。

蓮舫議員の戸籍を公開させたいのであれば、それを求める議員みずから、自分の戸籍を公開すべきでしょう。

そもそも、蓮舫議員の国籍の問題を持ち出したのは、内閣与党の側につく情報機関ではないか、と、想像しています。
つまり、統治機構に都合のいいように操られる野党議員って、存在する意味があるのか、ということです。

党内の派閥争い、政治的闘争に外部の力をやすやすと導入してしまう、こういうところが、情けない、と、私は思います。

残念でなりません。