Unknown最初から、その資格のない政治家だと思っていましたので、防衛大臣を交代させる、というニュースには、当然、としか思いません。

しかし、安倍首相には、稲田氏を防衛大臣に選んだこと、また、今回、交代させること、について、きちんと説明する責任がある、と、私は思います。

今回の安倍首相の防衛大臣交代の判断には、アメリカ軍やアメリカ国務省の要求があったのではないか、と、思っています。

今日も、国会の閉会中審査が予定されていますが、安倍首相は、外交日程を理由に出席しないそうです。
安倍首相自らの疑惑についての国会審議なのに。

国民の持つ疑惑を、国民に対して、きちんと釈明する責任を放棄している、と、私は感じます。
以前から、安倍首相のこういう姿勢が、総理大臣として不適格だと思っています。安倍首相は、言葉はカッコいいことばかりいいますが、攻め込まれるとまったくだめです。民進党の野田氏のほうがずっとずっと、しっかりしていて、安心感があります。
安倍首相は、「国民の平和な暮らしと財産を守る」責任を果たすことはできない、と、思います。

安倍首相は、日本国民ではなくて、アメリカ政府のほうをみながら、政治をしている、と、思います。
もちろん、歴代の首相たちも、アメリカの意向には敏感だったのでしょうけれど。