Unknown稲田氏が、防衛大臣としての責任感や資質にかける、ということを証明する事案がまた一つできた、ということになるかと思います。
非常に残念に思います。

稲田防衛大臣の、都議会選挙中の「違法性のある」発言をうけて、安倍首相が、すぐに防衛大臣を罷免していれば、あれほどの惨敗にはならなかったかもしれない、と、私は思っています。

そして、今回の緊張感のない行動。

ポスト安倍をねらう総理大臣候補なんて、到底無理、ということを証明したと思います。


NHKのニュースサイトから

官房長官「防衛省の政務三役が40分不在 対応問題なし」

菅官房長官は午後の記者会見で、稲田防衛大臣ら防衛省の政務三役が、福岡県と大分県に大雨の特別警報が出されていた間、40分程度、防衛省を不在にしていたことを明らかにしたうえで、随時連絡を受け戻れる態勢を取っており、対応に問題はなかったという認識を示しました。

この中で、菅官房長官は、記者団が、福岡県と大分県に大雨の特別警報が出されていた間、稲田防衛大臣ら防衛省の政務三役全員が一時、防衛省を不在にしていたのではないかと質問したのに対し、「きょう昼ごろ、防衛省の政務三役が40分程度、省内に不在だったということだが、稲田大臣も含めて複数の政務三役がすぐ近くに所在をして、秘書官から随時連絡を受けて、速やかに省内に戻る態勢だったということだ」と述べました。
そのうえで菅官房長官は、記者団が「自衛隊が豪雨災害の対応にあたる中、適切だったか」と質問したのに対し、「いずれにしろ、自衛隊は稲田大臣の指示に基づいて、被災者の救助、情報収集に全力であたってきており、その対応に問題あったとは考えていない」と述べました。