93bccc17.jpg
話題のアメリカ映画「ハクソー・リッジ」を観てきました。
第二次大戦中の激戦地、沖縄の戦場を舞台にした、銃をとらずに英雄となった兵士のお話でした。

日米の若者たちが、命をかけて、血を流し戦いあった、あの凄惨な戦場。

真珠湾攻撃をした日本の判断は、明らかに間違っていた、と、改めて思いました。
戦争は、先に手を出してはいけない。そして、負けるとわかっている戦争をしかけた、あの当時の指導者たちの判断は、明らかに誤っていた、と、私は思います。
もちろん、勝てばいい、ということを言いたいのでもありませんけれども。

そして、沖縄で流された、日米の多数の血、そして、失われた命。

アメリカ軍も、たくさんの命をかけて、沖縄で戦った、ということでもあるのだ、ということに気づかされました。

現代につづく、沖縄の問題、改めて、考えながら、一人の英雄を描いた映画を観ていました。
日本人は、必見の映画ではないでしょうか。