logo
下村氏は、文科大臣のときから、関連業界との不適切なつきあいがある、と、思っていました。
今回、加計学園からの不正な献金があったのではないか、という疑惑を週刊誌が報道しています。

小分けにして、いわゆる迂回献金の形のものか、と、思われます。

では、なぜ、届け出が必要でないように、面倒な手続きをとったのか、という理由が気になります。
表には出さないお金、ということですか?

下村氏が200万円なら、安倍氏は?
まったく、不正なお金はもらっていない?


朝日新聞から

下村氏側、加計幹部から200万円 「個人と企業から」

 自民党の下村博文・幹事長代行は29日、下村氏が文部科学相だった2013年と14年、学校法人「加計学園」(岡山市)の秘書室長から、政治資金パーティー券の費用として各100万円、計200万円を受け取ったことを明らかにした。100万円はそれぞれ、11の個人と企業から秘書室長が預かったもので、「加計学園からのものではない」とした。

 同日発売の週刊文春が、下村氏を支援する政治団体「博友会」の政治資金パーティー券購入費用として、加計学園から計200万円を入金されながら、政治資金収支報告書に記載していなかったと報じたことを受けて会見した。記事では、入金は下村氏の事務所の内部文書に記されていたとしている。
 下村氏は「事務所の平成25年(2013年)の日報で確認したところ、加計学園の秘書室長が事務所を来訪され、個人及び企業であわせて11名から預かってきた合計100万円の現金を持参したので、11名の領収書を作成し渡したことが確認できた。平成26年(2014年)も同様に11名のパーティー券購入であった」とし、秘書室長から計200万円を受け取っていたことを認めた。
 政治資金規正法では、20万円を超えるパーティー券の購入を受ければ政治資金収支報告書に記載しなくてはならない。博友会の2013年と14年の同報告書には記載がなかったが、下村氏は「(両年とも)11の個人と企業も各20万円以下の購入だった」と説明し、記載の必要はないものと主張した。そのうえで、「加計学園が購入したものではない」として記事内容を否定した。

(引用終わり)

読売新聞から

下村幹事長代行、「加計違法献金」報道を否定

 自民党の下村博文幹事長代行は29日午前、党本部で記者会見し、同日発売の週刊文春が報じた、下村氏が学校法人「加計かけ学園」(岡山市)から200万円の違法な献金を受けたとする記事について、「記事は全く事実に反する」と否定した。

 下村氏は記事について、「都議選終盤戦の大事な時期であり、この時期に掲載されること自体、選挙妨害目的と受け止めざるを得ない」と語った。週刊文春に対し、名誉毀損容疑での告訴を検討している考えも示した。
 記事では、下村氏が文部科学相だった2013年と14年、同学園が下村氏の政治団体「博友会」のパーティー券を100万円ずつ計200万円を購入したが、政治資金収支報告書への記載がなかったとしている。
 政治資金規正法では、20万円を超えるパーティー券の購入について、報告書への記載を義務付けている。
 下村氏は各100万円の現金について、加計学園の秘書室長が11の個人や企業から預かってきたものだったと説明。20万円を超える購入がなく、報告書への記載義務の違反に当たらないとしている。