svg
「共謀罪」法律の成立、施行を前に、このような事案があったことが報道されています。
警察が、組織防衛に入れば、裁判であっても、虚偽の証言をする、ということかと思います。
このような警察組織に、「共謀罪」という法律手段が新たに加わったわけで、大変、心配する事態である、と、私は思います。


朝日新聞から

GPS「使ってない」捜査員が裁判で虚偽証言か 警視庁

 警視庁の捜査員が証人出廷した窃盗事件の公判で、GPS(全地球測位システム)端末を使った捜査が表面化しないように虚偽の証言をしていた。同庁が27日、偽証容疑で捜査していることを明らかにした。

 刑事総務課によると、この捜査員は捜査3課の30代の男性巡査部長。2014年に群馬県内で空き巣に入ったなどとして4件の窃盗罪などで起訴された被告の裁判で、東京地裁に出廷。弁護人にGPS端末を捜査で使用したのかを問われ、「使っていない」と答えた。地裁は昨年11月28日、被告に懲役3年の実刑判決を言い渡した。
 ところが、今年5月25日に開かれた控訴審の公判後、東京高検から同庁にGPS端末を使っていないか問い合わせがあり、上司が巡査部長に確認したところ、虚偽証言が発覚した。刑事総務課は「巡査部長は(捜査手法の)保秘徹底の範疇と思って誤った証言をしたと思われる。上司から(偽証の)指示はなかった」と説明している。
 GPS捜査については警察庁が2006年、都道府県警に出した運用要領で、GPS端末の存在を捜査書類に書かない、取り調べでも明らかにしない、などと指示していた。

(引用おわり)

読売新聞から

窃盗事件捜査の警官「GPS不使用」と虚偽証言

 警視庁は27日、東京地裁で昨年行われた窃盗事件の公判で、証人として出廷した捜査3課の30歳代の巡査部長が、捜査に全地球測位システム(GPS)を使用したにもかかわらず、「使っていない」とする虚偽の証言をしていたと発表した。

 控訴審を担当する東京高検の指摘で発覚し、警視庁が偽証容疑で捜査している。
 昨年5月に始まった公判で、巡査部長は担当捜査員として出廷。窃盗罪などで起訴された男の弁護人からの尋問に対し、捜査にGPSを使用していないとの証言をしたが、実際は被告の車の動向確認に使っていたという。
 東京地裁は昨年11月、被告に懲役3年の実刑判決を言い渡した。今年5月に控訴審が始まり、現在も公判中。