sakakibara安倍首相が一番つらいのは、誰の声、でしょうか。
やはり、経団連会長のことばは重いだろうと思います。

でも、そんな政治ではいけないのです。


朝日新聞から

「高支持率に過信、総理の言葉で説明を」経団連会長

 経団連の榊原定征会長は26日の記者会見で、朝日新聞社など報道各社の全国世論調査で安倍内閣への支持率が下落したことについて、「支持率が高い状態が続いたことで(安倍晋三首相に)過信があったと思う」と述べた。加計学園の問題に関する情報開示や、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法の採決など、安倍政権の姿勢について苦言を呈した。

 榊原会長はさらに、「ぜひ是正してほしい。約束通り説明の機会をつくり、総理の言葉で国民に説明してほしい」と、首相が野党が求める説明責任を果たし、信頼回復に努めるべきだとの考えを示した。

(引用終わり)

NHKのニュースサイトから

経団連会長 内閣支持率低下に「過信があったのでは」

経団連の榊原会長は26日の記者会見で、安倍総理大臣の政権運営について「支持率の低下は重要な問題で、過信があったのではないか」と指摘し、国民に対する丁寧な説明が必要だという認識を示しました。

この中で、経団連の榊原会長は「ここにきて支持率が非常に下がっているのは重要な問題だ。国民の理解を十分得られるような国会運営などがなされなかったのが一つのベースにあり、過信があったのではないか。その点は、是正していただきたい」と指摘しました。
そのうえで、榊原会長は「安倍総理大臣は会見で国民の不信を招いたことを率直に認め、必要があれば、真摯に丁寧に説明するとしているので、約束どおり、説明をする機会を作っていただきたいし、そういう運営を期待したい」と述べました。
一方、世界的なエアバッグメーカーの「タカタ」が経営破綻したことについて、榊原会長は「速やかな事業の立て直しを期待したい。エアバッグは自動車の重要な部品なので、供給不安や市場の混乱が生じないように、関係者の間で円滑な調整が進むことを期待したい」と述べました。