野田佳彦
もともと、議員数で劣勢の野党側には、戦う術の選択肢はあまりありません。

内閣不信任案の提出が最後のカード。

与党側は、早く、内閣不信任案を提出させて、野党側の切り札を使わせようと、あの手この手でゆさぶりをかけています。
委員会審議をすっ飛ばして、本会議で採決、というような荒技を、与党側が実行できるとは思えません。

「共謀罪」法案ですが、成立させてよい、と、連立与党の公明党は本当に思っているのでしょうか。
不思議でなりません。

野党側は、文部科学大臣の不信任案を提出する、というカードを切りました。

がんばれ、民進党野田幹事長。