93bccc17.jpg
失敗から学ばなければなりません。

あのインパール作戦から73年だそうです。
硬直化した陸軍の戦争指導者たちの戦略、戦術が、あの悲劇とも言われる作戦にゴーサインが出た、と、思っています。

私たち日本人の持つメンタリティや私たち日本人が作る組織の弱点、が、浮き彫りになっていると、思っています。

失敗から学ばなければなりません。

でも、東芝の問題や原子力発電の問題をみていると、どうも。
安倍内閣はどうでしょうか。


読売新聞から

「インパール作戦」追悼式典…日本兵3万人死亡

 第2次世界大戦中の「インパール作戦」で戦死した犠牲者の追悼式典が20日、インド・インパールで開かれた。

 日本企業関係者や地元住民ら約100人が参加し、平和への誓いを新たにした。
 戦争の悲劇を後世に語り継ぐ活動を行う地元の住民グループ「第2次世界大戦インパールキャンペーン財団」などが主催した。同作戦から70年が過ぎた3年前から、この時期に実施されている。
 日本軍は同作戦で連合軍の拠点攻略を目指して英軍と激戦を繰り広げ、日本兵3万人以上が死亡したとされる。インパール近郊には、地元住民らが慰霊碑を設けている。この日の式典では、出席者が慰霊碑に花を手向けて黙とうした。財団設立人の一人、ユムナム・ラジェシュワルさん(40)は「二度と悲惨な戦争を繰り返さないために多くの人に関心を持ってもらいたい」と話した。