cae33bf6.png官僚機構として考えるとわかりやすいと思います。
日本の地震学研究は、お金を出すところ、と、お金を使うところ、が、制度化されているようなところがあり、固定化されているので、簡単にやめることはできない、ということだと思います。

あの、東北の大震災を予知することはできませんでした。
あのような大規模な地震でさえ、その前兆のようなものも察知することができなかった、ということだと思われますが、でも、誰かが、責任をとってやめたり、予算が減らされたりした、という話は聞きません。
逆に、予算が増えているかも。

東海地震、東南海地震の予知がメインで、それ以外の地震の予知の体制はできていないから、という説明かもしれませんけれども。

私は、地震予知はできないものだと、半ばあきらめの気持ちでいます。


朝日新聞から

「日本は地震予知できぬと認めよ」 学者が科学誌に論考

 日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ――。こう題した論考が英科学誌ネイチャーに18日、掲載された。東日本大震災から6年を経ても、科学的根拠が乏しい地震予知や長期予測に頼っているとして、防災政策を改めるよう促している。

 筆者は米国生まれで、今年3月で東京大教授を退職した地震学者のロバート・ゲラーさん(65)。1984年に来日して以来、日本の地震研究が地震の予知に偏っていることに疑問を抱いてきた。
 論考では、東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法、1978年施行)が、地震の前兆現象の観測を前提にしていることや、南海トラフ地震などの大地震が周期的に起こるという考えに基づき、発生する確率を算出していることについて、いずれも「科学的根拠はない」と指摘している。
 一方で、東日本大震災を起こした地震は「想定外」だとして、現在も予知や予測に基づいた政策を続けていることは不適切だと批判した。
 ゲラーさんは「政府は国民に正確な直前予知ができないことを伝え、堅実な科学研究に基づいた地震対策をすべきだ。ネイチャー誌も、東日本大震災後に改善の兆しが見られない日本の地震学の状況を憂慮して論評の場を提供してくれたのではないか」と話している。