images
そうではなく、安倍首相が、イエスマンしか寄せ付けない、ということかと思います。
リーダーの資質の問題、ということか。

首相の意を受けた内閣府や官邸スタッフが、他の省庁に号令をかけて、政策を歪める、ということが行われてきたのだろう、と、思われます。

そもそも、特区のことだから、過去のしきたりにはしばられないのだ、と主張するのでしょうけれど。

官僚機構を手なづける、ということは、ここずっと、日本の政治家に求められてきたこと、なのですが、それが、こんなことになるのでは、目的がまったく間違ったものだ、と思います。


読売新聞から

学部新設「総理の意向と記述」…民進が文書指摘

 国家戦略特区を活用して愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を巡り、民進党の玉木雄一郎議員は17日午前の衆院文部科学委員会で、文部科学省が作成した文書に、特区を担当する内閣府から「総理のご意向だと聞いている」などと伝えられたとの記述があると指摘した。

 松野文科相は「現状では文書の存在を確認していない」と答弁した。
 獣医学部の新設を計画している岡山理科大は、安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が運営している。玉木氏は、手元に文書があるとしたうえで、「松野氏は『2019年4月を目指した対応をすべきではないか』と指示したが、首相の意向で(学園側が目指す)2018年4月開学で進めようと決めたのではないか」と追及した。