images
アンチ中国の塊のような安倍首相の意向に反し、二階氏が、動いているようです。
日本の財界、銀行の中にも、参加して実利を得たほうがよい、と、考える向きがあると思います。私も、AIIBの中に入り込んでいくべき、と、思っています。


朝日新聞から

「ドアは開いている」AIIB総裁、日米に参加呼びかけ

 中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁が来日中の5日、朝日新聞のインタビューに応じ、未参加の日米両国に対し「ドアは開いており、道は残っている」と呼びかけた。

 中国が提唱する「シルクロード経済圏構想」(一帯一路)の関連投資については、「AIIBの投資基準で審査して、あっていれば承認する」とし、通常案件と同じ扱いとする考えを示した。
 日米はアジア開発銀行(ADB)に軸足を置き、AIIBへの参加を見合わせてきた。金氏は、職員の採用や事業の入札で日米の人材や企業は「公平に扱われる」と述べ、非政府分野の協力に期待を示した。
 自民党の二階俊博幹事長が4月、香港メディアの取材に「(AIIBに)参加する可能性もあるという風に見ていただいて結構だ」と述べたことに対しては、「理事会はどんなメンバーと働くことも喜ぶだろう」と述べた。
 AIIBは2016年1月に開業し、ADBや世界銀行と協力してアジアのインフラへ投融資を進めてきた。金氏はADBの協力に「深く感謝している」と述べた。