山尾志桜里民進党の山尾氏、がんばっておられます。応援しています。

この法律が成立すると、政府に反対の立場の政治家、つまり、野党の政治家の支持者などが、政府の監視下におかれることになる、と、危惧しています。
もうすでに、共産党はそのような状態に置かれているのかもしれないのですが、それがさらに拡大される、ということです。

国民の政治的自由を保障するためにも、この法案の成立は阻止しなければ、と、思います。


NHKのニュースサイトから

民進 街頭演説で「テロ等準備罪」法案の廃案訴え

民進党は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案を廃案に追い込もうと東京・有楽町で街頭演説を行い、一般の人も影響を受けるおそれがあるなどと問題点を訴えるとともに、成立阻止に向けて世論の後押しを呼びかけました。

この中で、山尾前政務調査会長は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案について、「政府は本当はテロ対策ではない法案をテロのために必要だと思わせている。法案は百害あって一利なしで、息苦しく、人と心が通じ合えない社会にはしたくない。この国会で成立を断念させるために全力を尽くしたい」と訴えました。
また、枝野前幹事長は「権力がやりたい放題できるようにするための法案で、普通の人の普通の暮らしが影響を受ける。テロ対策には全く役に立たず、看板に偽りありだ。国会だけでは法案の成立を止めようがないが、世論の力があれば止めることができる。多くの国民に、ともに声を上げてほしい」と呼びかけました。
民進党は法案を廃案に追い込むため、大型連休中も東京都内の繁華街で党幹部らが街頭演説したり、各地でミニ集会を開いたりすることにしています。