野田佳彦民進党の野田幹事長は、天皇陛下のおきもちをしっかりと受け止めておられる、と、感じます。

安倍内閣の独裁的政治の負の側面があらわになった、と、思います。

背景にあるのは、今の自民党内に、民主的に議論する空気が消えていることが最大の問題で、その立役者は、高村副総裁ではないか、と、感じますが、もちろん、菅官房長官をはじめとする首相官邸のスタッフたち、そして、安倍首相にその責任があります。

ここは、民進党、がんばってもらいたい、と、思います。


NHKのニュースサイトから

民進 野田幹事長 退位特例法案は国会の考えに沿って

民進党の野田幹事長は福井県敦賀市で記者団に対し、政府が今週にも各党に示す、天皇陛下の退位を可能とする特例法案の骨子案について、衆参両院の正副議長の下でまとめた国会の考え方に沿ったものでなければ認められないという考えを示しました。

政府は天皇陛下の退位などを検討してきた有識者会議が、最終報告を取りまとめたことを受けて、今週にも退位を可能とする特例法案の骨子案を各党に示し、調整を本格化させる方針です。

これについて、民進党の野田幹事長は記者団に対し、「衆参両院の議長・副議長の取りまとめに本当に即しているかどうかわからないところがある。もし逸脱や後退があれば、全体会議のやり直しにならざるをえず、あってはならない」と述べ、政府をけん制しました。
そのうえで、野田氏は「お互いに、いろいろなことを飲み込んで、党利党略ではなく、立法府としてまとめたことなので、そこから外れるような動きがあれば、厳しくそのつど、指摘していかなければならない」と述べ、特例法案の骨子案について、先に衆参両院の正副議長の下でまとめた国会の考え方に沿ったものでなければ認められないという考えを示しました。