01077227.png公務員が、選挙運動に関わってはならない、という鉄則があるのですが、それを破ったのではないか、とのことで告発状が提出されたそうです。

告発状を提出した三井環氏は、元大阪高検公安部長ですが、そのとき、検察庁の調査活動費の裏金化を内部告発したためか、その後、収賄罪や公務員職権濫用罪で起訴、懲戒免職となった、という経歴があります。全く、関連のない事案とはなっていますけれど。

その三井氏、東京地検特捜部を信じてる、とは思えないのですが、この動きは、しっかりとみておきたい、と、思います。


河北新報から

昭恵夫人への告発状提出 国家公務員法違反疑い

 昨年7月の参院選で候補者を応援したのは、国家公務員の政治的行為の制限を定めた国家公務員法に違反するとして、元大阪高検公安部長の三井環氏が、安倍昭恵首相夫人と夫人付の政府職員に対する同法違反容疑の告発状を東京地検特捜部に提出したことが20日、分かった。

 告発状では、複数の政府職員が昨年6~7月、昭恵夫人に同行して与党候補14人のために選挙運動をし、昭恵夫人はその共犯に当たるとしている。4月3日の参院決算委員会で、社民党の福島瑞穂氏が「全部、動画と写真が残っている」と指摘していた。