Unknown活躍された初代委員長の田中氏は、72歳という高齢もあり、任期満了で勇退されるそうです。
おつかれさまでした。火中の栗を拾う、というのは、こういうことだと、おもいます。

更田 豊志(ふけた とよし)氏は、東京工業大学を卒業され、日本原子力研究所、日本原子力研究開発機構を経て、2012年から原子力規制委員会委員、2014年から委員長代理をつとめておられます。


河北新報から

原子力規制委員長に更田氏昇格 政府、国会同意人事案提示

 政府は18日、原発再稼働の条件である審査を担う原子力規制委員会の委員長に更田豊志委員長代理(59)を昇格させるなど、国会同意が必要な12機関28人の政府人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。初代委員長の田中俊一氏(72)は9月に任期満了で退任。新しい規制委員には大阪大の山中伸介副学長(61)を充てる方針。

 規制委員長と人事院人事官の候補は衆参議運委による所信聴取の対象となっている。各党が人事案への賛否を決めた上で、衆参両院の本会議で採決される。
 安倍政権は続投を模索したが、田中氏は年齢や健康面などを理由に再任を固辞していた。