2015110901001427
ポスト安倍の最有力は、岸田氏、と、感じていましたが、麻生氏も名乗りをあげるつもりでしょうか?
谷垣氏は、麻生氏の動きを警戒しているようです。

アベノミクスもうまくいっていませんし、安倍氏でないなら、岸田氏でも麻生氏でも、自民党のハト派の流れであり、今の政治がよくなる、とは思いますけれど。

後世の歴史家が、谷垣氏のことを、野党時代の自民党が憲法草案を世に出した、ということだけの評価になるのは、絶対に嫌だろうなあ、と、思います。


朝日新聞から

自民・谷垣氏、麻生派との再編に「待った」

 自民党の麻生太郎副総理が描く麻生派と谷垣グループに山東派を加えた派閥再編が先送りになりそうだ。最大派閥・細田派の対抗勢力を作るため、旧宮沢派(宏池会)の流れを受け継ぐ岸田派を含む「大宏池会」構想の先駆けとして5月中の先行合流に向け調整してきたが、療養中の谷垣禎一前幹事長から「待った」がかかった形だ。

 12日夜、東京都内であった麻生派のパーティー。麻生氏はあいさつで「きちんとした大きな政策集団を作り上げる。私どもは同じ保守の中で作り上げていきたい」と重ねて派閥再編に意欲を示した。合流に積極的な議員は昨秋から「党内の保守中道勢力を結集しよう」と話し合い、大型連休のころに、麻生氏と山東昭子元参院副議長のトップ会談も計画している。
 麻生氏は6日、自転車事故で療養している谷垣氏に合流を促す手紙を届けた。だが、谷垣氏側は10日、「リハビリ中で事情がよくわからない。復帰したら周囲によく話を聞きたい」と返事したという。谷垣グループには「合流は谷垣氏の復帰を待つべきだ」との意見が根強い。山東氏も谷垣氏の意向を見定める考えで、最近、所属議員に通常国会閉会までは合流判断をしない考えを伝えた。
 こうした中、谷垣グループで合流協議を進めてきた佐藤勉・衆院議院運営委員長、棚橋泰文・元幹事長代理ら積極派の議員には、グループを抜けて早期の麻生派入りを目指す動きがある。

(引用終わり)


NHKのニュースサイトから

麻生副総理 自民党内で大派閥形成に尽力

自民党の麻生副総理兼財務大臣は、みずからの派閥のパーティーで、「2大政党による政権交代よりも、自民党の中に大きな政策集団があって切磋琢磨していくほうが政治が安定する」と述べ、最大派閥の細田派に匹敵する派閥の形成に力を尽くす考えを示しました。

自民党内では、安倍総理大臣の出身派閥の細田派が最大規模のおよそ100人で、麻生副総理兼財務大臣が率いる麻生派は、ことし2月に甘利前経済再生担当大臣らが入会して40人余りと4番目の規模になっています。
麻生副総理は12日夜、都内で開かれた派閥のパーティーで、「野党時代の3年3か月、えらい目にあった。国会の予算委員会などで、予算に関する質問をほとんどしないような政党に政権は任せられない」と述べました。そのうえで、「アメリカやイギリスは2大政党による政権交代で間違いなく混迷や混乱が起きているが、日本はこの4年間、政権は安定し経済政策も継続性を持たせてやることができた。自民党の中に大きな政策集団があって切磋琢磨していくほうが政治が安定する。そうした大きな政策集団を作り上げてみたい」と述べ、最大派閥の細田派に匹敵する派閥の形成に力を尽くす考えを示しました。
一方で、麻生副総理は「われわれは安定した安倍政権のど真ん中にいるという自負があるので、足を引っ張ってもしかたがない」と述べ、今後も安倍政権を支えていく考えを強調しました。