Unknown民主主義や基本的人権というものは、政府がきちんと守ると信じて、のんびりやっていてはいけない、ということを教えてもらった、と、思います。

私たちも、私たちの政府や統治機構が、どんなことをやろうとしているのか、しっかりと知っておかねばなりません。


NHKのニュースサイトから

米政府が個人情報提出の要求撤回 ツイッターは訴訟取り下げ

アメリカ政府がIT企業のツイッターに、トランプ大統領の政策を批判した投稿者の個人情報を提出するよう求めていた問題で、7日、政府は要求を撤回し、ツイッターも憲法違反だとして起こした裁判所への訴えを取り下げました。

この問題は先月、アメリカの国土安全保障省がトランプ大統領の政策に批判的な投稿をした人物の個人情報を提出するよう、サイトを運営するツイッターに求めていたもので、ツイッターは6日、政府の要求は言論の自由を保障した憲法に違反するとして、カリフォルニア州の裁判所に訴えを起こしていました。
ところが、ツイッターによりますと、7日になって政府側が弁護士を通じて要求を撤回したと伝えてきたことから、この日、裁判所への訴えを取り下げたということです。
アメリカ政府は要求を撤回した理由を明らかにしていませんが、政府の強権的な姿勢がメディアなどからたびたび批判されている中で、法廷で争うことは避けたいという判断があったと見られます。