山尾志桜里
さっそく、衆議院の法務委員会が混乱状態になっています。
「共謀罪」以外の法案の審議にも影響が出そうです。

民進党の欠席戦術に、共産党も同調しており、また、公明党も、このような事態になることを想定していた、と思われます。


NHKのニュースサイトから

民進 テロ等準備罪新設法案審議入り踏まえ 衆院法務委員会欠席

衆議院法務委員会は、委員長が職権で開会を決めて、民法の改正案の審議を行いましたが、民進党は、与党側が、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案を6日に審議入りさせる方針であることなどを踏まえ、委員会運営に問題があるとして欠席しました。

与党側は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案を、6日の衆議院本会議で審議入りさせ、来週、衆議院法務委員会で実質的な審議に入りたい考えです。
こうした中、衆議院法務委員会は、5日午前10時前から理事会を開き、民法の債権や契約の分野の改正案の審議日程などを協議しました。
この中で民進党は、与党側が、「テロ等準備罪」を新設する法案を6日に審議入りさせる方針であることなどを踏まえ、「委員会とは異なる場で、委員会審議に大きく影響を与える提案がなされており、言語道断だ」と抗議し、与党側が提案した、5日に委員会を開いて民法改正案の審議を行うことには応じられないと主張しました。
このため、自民党の鈴木淳司委員長が、職権で委員会の開会を決め、民法改正案の審議が行われましたが、民進党は欠席しました。また、審議の中で共産党は、「野党第1党の民進党が欠席する中で、委員長の職権で審議が行われたことに強く抗議したい」と述べました。

民進 逢坂氏「極めて不誠実」
野党側の筆頭理事を務める民進党の逢坂誠二氏は記者団に対し「法案を審議する常識的な順番があるのにそれを全く無視して委員会を職権で開き、現場以外の場所で委員会審議に大きく影響を与えるような議論をしており、極めて不誠実だ。われわれは審議をしたいと思っており、審議できる条件を整えるのは与党の責任だ。国会対策委員会や議院運営委員会で『共謀罪』について議論しており、その動向を見極める必要がある」と述べました。

共産 穀田氏「与党はしゃにむに強行していいのか」
共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で、「与党は、憲法違反の『共謀罪』をしゃにむに強行していいのかという話だ。強行に次ぐ強行に対して、『共謀罪』の内容がいかに大変なものかを、どれだけ国民にわかってもらうかがすべてだ。論戦と国民運動を通じて、廃案に追い込むことを加速させることに尽きる」と述べました。