images
「教育勅語」の復権を考える勢力は、歴史修正主義者である、と、考えたいと思います。

しっかり勉強し、兄弟仲良く、親孝行し、夫婦仲良く、というような内容が並んでいるところをとらえて、教育勅語もよいことが書いてある、と、主張することには、猛烈な違和感を感じます。
そもそも、そのようなことは、当然のことであり、「教育勅語」を持ち出さなくてもいいから、です。

それよりも、この「教育勅語」という天皇の言葉、の基本的な構造、本質的な考え方、それを不可侵のものとして崇めること、が、日本社会や日本人をあの破滅的な戦争に突入させることになったことの一つだと思っています。

記者会見で質問され、いらだつ菅官房長官、その理由はどこにあるんでしょう。


NHKのニュースサイトから

共産 書記局長 教育勅語の政府答弁書「危険な姿勢の表れ」

共産党の小池書記局長は記者会見で、政府が教育勅語を憲法などに反しないような形で教材として用いることまでは否定されないとする答弁書を閣議決定したことについて、「安倍政権の危険な姿勢が表れており、許されない」と述べ、批判しました。

政府は、戦後、衆参両院が排除や失効の確認を決議した教育勅語について、先の閣議で、教育の唯一の根本とするような指導を行うのは不適切だとする一方、憲法や教育基本法などに反しないような形で用いることまでは否定されないとする答弁書を決定しました。

これについて共産党の小池書記局長は記者会見で、「異常な閣議決定だ。教育勅語の根本が、基本的人権を定めた憲法や、教育基本法に反するとして、国会で排除の決議をしたわけで、『いいものがあるから、そこは使いましょう』というのは、全く間違った議論だ」と指摘しました。そのうえで小池氏は「安倍政権は、安全保障法制を強行し、『共謀罪』も進めるなど、戦前の戦争へと進んでいった政治に対する反省がない。安倍政権の危険な姿勢が表れている」と述べ、批判しました。

また、民進党の野田幹事長も「片言隻句を見ると、共感する人はいるかもしれないが、トータルでは、主権は君主にあるとする『主権在君』であり、教材とすることが本当によいのか慎重に検討しないといけない」と述べました。

(引用終わり)

読売新聞から

教育勅語「唯一根本の指導」不適切…菅官房長官

 菅官房長官は3日の記者会見で、教育勅語の教育現場での取り扱いについて、「法制上の効力は喪失している。学校で教育の唯一の根本となるような指導を行うことは不適切だ」と述べた。

 その上で、「親を大切にするなどの項目もある。適切な配慮の下に教材として用いること自体は問題ない」との認識を示した。
 政府は3月31日の閣議で、「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」との答弁書を決定していた。

(朝日新聞から)

教育勅語の教材使用、説明避ける内閣 判断基準説明せず
岩尾真宏、相原亮、水沢健一2017年4月4日09時12分

 戦前・戦中に道徳や教育の基本方針とされた「教育勅語」を教材で使うことを認めた政府答弁書の閣議決定について、安倍内閣が詳しい説明を避けている。学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題を追及されるなか、教育勅語が注目されるきっかけをつくった稲田朋美防衛相も口を閉ざした。

 3日の衆院決算行政監視委員会。共産党の宮本徹氏は、「教育勅語の中で憲法に反しない部分は1カ所でもあるのか」と政府の見解を問うた。先月31日に安倍内閣が閣議決定した政府答弁書は、過去に国会が排除・失効の確認を決議した教育勅語を「憲法や教育基本法等に反しないような形」で教材として使うことを認めたからだ。
 使用を認めるのであれば、政府として具体的な判断基準を示す必要があるが、松野博一文部科学相は「(教育勅語の)どの部分が憲法に反する、反しないに関しての判断を文部科学省でするものではない」と解釈を避けた。そのうえで「教え方がポイントだ。我が国の歴史について理解を深める観点から教材として用いることは問題がない」と説明した。
 菅義偉官房長官も3日の記者会見で、教育勅語の本質や戦争中に教育勅語が果たした役割を問われたが、「法制上の効力は喪失している」と繰り返し、教材として教育現場で使うことは問題ないとの立場を強調。「教育勅語を我が国の教育の唯一の根本となるような指導を行うことは不適切だ」とする一方で、親孝行や夫婦仲良くといった徳目は評価する見方を示した。
 政権を支持する保守層には、教育勅語を評価する声が少なくない。記者たちから「教育勅語の内容を評価すると、戦前の否定をあいまいにすることになるのではないか」と問われると、「あいまいにしていないじゃないですか。法制上の効力は完全に消滅している」と、声を荒らげた。