93bccc17.jpg
人種のるつぼ、とも言われるアメリカ合衆国では、人種間の争いが先鋭化しそうな判断は、行政も裁判所も行わない、と、感じています。

慰安婦像を撤去するべき、という判断を下すと、その後がなかなか大変です。人種問題にすり替わると怖いです。
ということは、歴史修正主義だとも批判されないよう、撤去の申し立てをするには、しっかりとした論拠がないといけない、ということかと思います。


河北新報から

<少女像訴訟>米最高裁 日系人の敗訴確定

 旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像が設置された米ロサンゼルス近郊グレンデール市の日系人住民らが像の撤去を市に求めた訴訟で、米連邦最高裁は27日、原告の上告を却下し、日系人住民の敗訴が確定した。

 訴訟を巡っては日本政府も2月22日付で「上告審が認められるべきだ」とする意見書を提出していたが、審理は行われず門前払いとなった。
 原告の目良浩一代表は「今後は別の方法で(像の)撤去ができるように努力していきます」とする声明文を出した。
 グレンデール市の少女像は、韓国系米国人の団体などが2013年に設置した。