svg安倍首相も、昭恵夫人も、おかしいです。夫人自らの「私的な」活動に、秘書が必要なら、私費で雇用すべきでしょう。

首相夫人が「私人」であるなら、公務員の削減をしてもらいたい、と、思います。少なくとも、常駐は不要で、外遊など、首相の公的な行事に参加するときだけ随行する、ということでよい、と、思います。

これらの一連の問題に対する、安倍首相や政府の答弁は、あきらかに合理性を欠いているもので、なにかを隠蔽していることは間違いない、と、思います。

これだけ、官僚機構に借りを作ってしまったら、「政治主導」はありえない、ということかと思います。

もちろん、政治家たちの劣化も激しいと感じていますので、優秀な官僚が仕切るほうがよいのかもしれませんが、きちんとコントロールしていないと、タイタニック号のように氷山にぶつかってしまいますし、ぶつかっても「問題ない、不沈艦だ」という責任転嫁の詭弁にだまされることになってしまいます。官僚機構は、組織の論理で動いているからです。

そうやって、最後にツケが回されるのがだれか、と、いうことです。


東京新聞から

「昭恵氏は私人」に野党が異議 首相夫人付き職員が「職務外」の照会報告

 学校法人「森友学園」に国有地が格安で払い下げられた問題で、安倍晋三首相の妻昭恵氏が、公人か私人かが問われている。首相は昭恵氏を「私人」と主張し証人喚問を拒否している。だが、学園に関連して、首相夫人付き職員が本来の職務を超えて対応している実態をみると、昭恵氏が「私人」との主張には疑問符が付く。

 政府によると、夫人は公務員ではないが、首相外遊への同行など「首相の公務遂行を補助する活動」を行う。夫人付き職員は、首相に関連した公的活動を支援するため配置されている。第一次安倍政権で昭恵氏に初めて配置され、その後一人だったが、第二次安倍政権で常勤、非常勤で計五人に増員された。
 学園の籠池泰典氏の依頼で、夫人付き職員が財務省に問い合わせてファクスで回答したことについて、菅義偉官房長官は二十七日の参院予算委員会で、夫人とは関係ない職務外の行為であり、「職員個人の行為」だと強調した。
 さらに、土生栄二内閣審議官は「職務ではなく『国民の方』の問い合わせに対する公務員としての『丁寧な対応』」と説明した。
 しかし、職員は昭恵氏に照会や回答について報告。そのことを籠池氏にも伝えている。民進党の白真勲氏は同委員会で「詭弁だ」と反発した。
 職員は、昭恵氏が学園系列の幼稚園で講演し、小学校の名誉校長になった際に「連絡・調整が必要になる場合に備えて」同行した時に籠池氏と面識を持ったとみられる。職員が昭恵氏に報告したのは、籠池氏との関係を知っていたからだ。
 首相夫人付き職員は学園での講演のように、昭恵氏の私的な行為にも同行している。「夫人は公務員ではないから公人ではない」との説明には野党から批判が出ている。