北朝鮮
発射してすぐに爆発するようであれば、核弾頭を積むことはかえって危険である、と判断され、武器としての信頼性にかけることが証明された、と、思います。


NHKのニュースサイトから

北朝鮮がミサイル発射し失敗 韓国国防省

韓国国防省は、北朝鮮が22日、東部からミサイル1発を発射したものの、失敗したと推定されると発表し、韓国軍がミサイルの種類などについて分析を進めています。

韓国国防省の発表によりますと、北朝鮮は22日午前、東部のウォンサン(元山)にある飛行場の付近から、ミサイル1発を発射したものの、失敗したと推定されるということです。韓国軍は、ミサイルの種類などについて分析を進めるとともに、さらなる発射への警戒を強めています。
これについて、韓国の通信社、連合ニュースは、ミサイルは発射直後に空中で爆発したと伝えています。
北朝鮮は先月12日、北西部ピョンアン(平安)北道のクソン(亀城)付近から、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に改良した新型の中距離弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射しています。
また、今月6日には、同じピョンアン北道のトンチャンリ(東倉里)付近から日本海に向けて、射程が1000キロに達する中距離弾道ミサイル、「スカッドER」と見られる4発を同時に発射し、このうち3発が日本の排他的経済水域に落下しました。
北朝鮮は、今月1日から韓国で行われているアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に強く反発しているほか、来月には、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の最高指導者就任5年、キム・イルソン(金日成)主席の生誕105年、それに北朝鮮軍の創設85年という重要な節目を控えており、米韓両軍は、北朝鮮軍の動向に対する警戒と監視を強化していました。

米軍もミサイル発射失敗と発表
アメリカ太平洋軍の報道担当者は、北朝鮮が日本時間の22日午前8時前、ミサイルの発射を試みたものの失敗したと発表しました。
それによりますと、日本時間の22日午前7時49分、北朝鮮東部のウォンサンから、1発のミサイルが発射されたものの数秒後に爆発したと見られるということです。
また、アメリカ国務省の当局者は、NHKの取材に対して、「われわれは、北朝鮮に対して平和と安定を脅かす挑発行為をやめるよう求める」と述べ、発射を非難しました。

官房長官 重大な関心持ち情報収集
菅官房長官は、午前の記者会見で、「わが国に飛来するミサイルなどは確認されておらず、わが国の安全保障に直接の影響を及ぼす事態が発生しているという認識はない」と述べました。
また菅官房長官は、記者団が「発射が失敗したということか」と質問したのに対し、「重大な関心を持って情報収集・分析に努めているが、事柄の性質上、具体的な内容は控えたい」と述べました。
さらに菅官房長官は、「政府は国民の生命・財産を守るのが最大の役割であり、特に北朝鮮については、最大限の高度な監視体制を常に持って、緊張感を持って当たっている」と述べました。