01077227.png
最高裁大法廷の15人の裁判官全員一致の判決だそうです。
すばらしい判決と思います。

ずっと、最高裁をトップとする日本の裁判所のあり方、裁判官の判断、に疑問を持ち続けていますが、少し、信頼感を持ちました。
少数意見としての補足意見を出した3人の裁判官への国民審査の数字をみてみたい、と、思います。

また、人権を無視した捜査を続けているのではないか、また、公安警察へのコントロールが不十分ではないか、と、今の警察機構への不信感もありますが、法治国家ですから、最高裁の判断に逆らうことはできないこと、本当によかったと思います。

「共謀罪」の審議にも影響を与える、と、私は感じます。


読売新聞から

令状なしGPS捜査「違法」…最高裁が初判断

 裁判所の令状なしに、捜査対象者の車に全地球測位システム(GPS)の端末を取り付けた捜査手法の是非が争われた刑事裁判の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「違法」とする判決を言い渡した。

 GPS捜査について「プライバシーを侵害し、公権力による私的領域への侵入を伴う」とし、令状が必要な強制捜査にあたるとの初判断を示した。その一方、現行法では極めて例外的なケース以外は令状取得は認められないとし、新たな立法措置を促した。判決を受け、警察庁は全国の警察本部にGPS捜査を控えるよう通達した。
 15人の裁判官全員一致の意見。うち3人は補足意見で「法制化までの間、重大犯罪などでのGPS捜査が全く否定されるべきではない」と述べたが、判決は令状取得を事実上、困難にする内容で、通信傍受法のように捜査手続きを定めた法律が成立しない限り、GPSは使えなくなる。組織窃盗などで多大な効果を上げてきた捜査手法は大きく制約されそうだ。