images
安心するのはまだまだ早い、とは思いますけれど、とてもすばらしい流れになってきた、と、思います。
民進党の野田幹事長のご尽力のおかげと思います。ありがとうございます。

これで、日本国民だけでなく、当の天皇陛下やご皇族のみなさまも、まずは、ご安心と思います。

退位の問題では、皇室典範の改正をした、ということが大切です。
統治機構は、憲法に反することはできない、のです。

「女性宮家」の検討に腰が重い、政府の動きをしっかりと見ていかねばなりませんけれどね。


朝日新聞から

女性宮家「政府検討を」 衆参議長、退位議論とりまとめ

 衆参両院の正副議長は15日、特例法を制定し、天皇陛下の退位を認めるべきだとする「議論のとりまとめ」を各党に示した。「女性宮家」の創設など、安定的な皇位継承の方策については、政府に「速やかな検討」を求めた。立法府の総意として、17日に安倍晋三首相に提出する。

 とりまとめでは、「安定的な皇位継承を確保するための女性宮家の創設等」について、特例法施行後、速やかに政府が検討すべきだ、との共通認識に各党が至ったことを指摘した。
 ただ、政府が女性宮家の創設などの検討結果を出す時期については、民進党が1年をめどとすべきだと主張。自民党は「遅滞なく進める」とする見解をまとめたものの期限の明示には難色を示し、とりまとめは「付帯決議に盛り込むなど合意を得るよう努力」するよう各党に求めた。
 女性宮家の創設を含む皇族減少への対応について、菅義偉官房長官は2月の記者会見で「検討を先延ばしすべきでないと思っている」と述べている。15日の各党の全体会議では、女性宮家に反対の立場から、終戦直後に皇籍を離れた旧宮家の復帰を明記するよう求める声も出たという。

(引用終わり)

読売新聞から

退位特例法、皇室典範と「一体」…衆参議長案

 衆参両院の正副議長は15日、天皇陛下の退位に関する各党・会派代表者の全体会議を衆院議長公邸で開いた。

 衆参議長らは、現在の陛下の退位を可能にする特例法の制定を柱とした国会としての案を示した。皇室典範の付則には特例法と「一体をなす」と明記する。17日に各党の了承を得た上で、安倍首相に「国会の総意」として提示する。
 政府はこれを受け、有識者会議の議論を経て、5月の大型連休後に特例法案を国会に提出する。今国会中に成立の見通しだ。
 議長案は、退位に至る事情として、陛下が高齢で皇太子さまも陛下の即位時の年齢を超えたことや、陛下が退位の意向を示唆された昨年8月の「お言葉」を受けて国民に理解が広がっていることなどを特例法に盛り込むよう求めた。