Unknownもともと、その政治信念、価値観から、総理大臣も、また、防衛大臣にも不適と、私は思っていますが、今回の森友学園問題で、その足をすくわれたのは、稲田氏かもしれません。

その言葉に信用がなくなると、政治家としては致命的、だと思います。

「ポスト安倍」レースからは脱落となる、かなり大きな手傷を負った、と、私は思います。


東京新聞から

「森友」訴訟 稲田氏出廷の記録 2004年、大阪地裁が作成

 稲田朋美防衛相が二〇〇四年十二月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第一回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが十三日、関係者への取材で分かった。稲田氏は同日の参院予算委員会で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と述べていた。

 民進党幹部は「国会答弁とは百八十度違う内容だ」と反発。同党国対幹部は「この際、辞めていただいた方がよい」と批判した。
 学園が〇四年十月十八日に大阪地裁に提訴した同市淀川区の土地と建物の抵当権抹消登記請求訴訟で、訴状の「原告訴訟代理人」には稲田氏と夫の龍示氏、もう一人の計三人が記された。また同地裁が作成した同十二月九日の第一回口頭弁論の調書には龍示氏を除く稲田氏ら二人の名前が「出頭した当事者等」に記載されていた。
 稲田氏を巡り、民進党の小川敏夫参院議員会長は十三日の参院予算委で、学園が関係する民事裁判の準備書面に、訴訟代理人弁護士として稲田氏と夫の名前が記されていると指摘。稲田氏は「共同事務所の場合、一人の弁護士の事件についても連名で出すことはある。委任状の中に私の名前があることは推測される」「籠池氏夫妻が『法律相談をしていただいた』と言うのは全くの虚偽だ」などと答弁した。