ft-lg-komeito公明党が微妙な動きをしています。
これを「キャスティングボード」と呼ぶのでしょうか。
それとも。

東京での小池知事の動き、それから、以前からの大阪の維新の会の動き、いずれも、地方政治の動き、と言い切ることができず、国政にも大きな影響を与えている、と、思います。


NHKのニュースサイトから

都議選で都民ファーストの会と選挙協力 公明に自民が懸念

ことし7月の東京都議会議員選挙で、公明党が小池知事が率いる都民ファーストの会と選挙協力を行うことについて、公明党は「都議会レベルの対応で国政に影響は無い」としていますが、自民党内からは「両党の関係に微妙な影響を及ぼしかねない」と懸念も出ています。

ことし7月の東京都議会議員選挙に向けて、公明党は小池知事が率いる都民ファーストの会と政策合意を結んで、お互いの候補者を推薦しあうなど選挙協力を行うことになり、自民党の候補者を推薦してきた、これまでの国政選挙への対応とは異なることになりました。
公明党の斉藤選挙対策委員長は「あくまで都議会という東京都限定の局地的なものだ」としたうえで、「国政における両党の信頼関係に影響があるものでは全くなく、関係は揺るぎない」と強調しました。
一方、自民党東京都連会長を務める下村幹事長代行は「連立を組んでいる国政の態勢での流れがあるので、厳しいことだ。公明党には自主投票になるよう働きかけていきたい」と述べました。
また、自民党内からは「小池知事側が次の衆議院選挙に候補者を擁立すれば、公明党はどう対応するのか」と不安視する声や「今後の両党の関係に微妙な影響を及ぼしかねない」という懸念も出ています。
自民党執行部としては、国政レベルでの緊密な協力関係を維持しながら、都議会議員選挙をめぐる対応については、今後の推移を見極めて判断していく考えです。