グレーイーグル北朝鮮の金正恩にとっては、一番怖い武器かもしれません。

私たち日本国民が注意しておかねばならないのは、この無人偵察機は、すでに、在日米軍が配備していることと、それから、私たちの航空自衛隊が導入を決めていること、です。
ただし、これらの機材は、「グローバルホーク」であり、攻撃能力は持たないものである、とされています。混同しないように注意はしたい、と、思います。


当サイトの関連記事

2016/12/22
航空自衛隊の「グローバルホーク」は三沢基地へ配備へ
http://politic.blog.jp/archives/1063250403.html


朝日新聞から

在韓米軍が無人機配備図る 北朝鮮偵察・要人暗殺念頭か

 在韓米軍は13日、無人機「グレーイーグル」の韓国配備に向けた協議を韓国軍との間で始めたと明らかにした。2018年初めの配備を目指す。攻撃能力を備えた無人機の朝鮮半島配備は初めて。北朝鮮に対する偵察や要人暗殺などを念頭に置いたとみられる。

 在韓米軍は今後、韓国南西部、全羅北道(チョルラプクト)にある群山(クンサン)空軍基地にグレーイーグルの運用中隊を設ける。在韓米軍主力、第2師団の作戦を支援する。同機は全長約8.5メートル、両翼約17メートル、最高時速約280キロ、最高高度約7600メートル。対戦車ミサイルなどを搭載できる。
 米国は同時多発テロが起きた2001年秋以降、アフガニスタンで攻撃能力を持った無人機を使い始めた。イエメンやパキスタンなどでも使用。主に米本土で操縦し、地上部隊が入り込めない場所の偵察や暗殺などに使っている。
(引用終わり)