山尾志桜里民進党の山尾氏が、国会で、全力で阻止をしている、と、感じています。

また、自民党内にも、異論があるようで、この法案に手をつけた安倍首相の準備不足が露呈している、と、思います。

あの伊勢志摩サミットも、オバマ大統領の広島訪問も、この条約の締結がなくてもできたのですから、今の法制下で十分に治安は維持できている、と、私は思います。


東京新聞から

共謀罪、10日の閣議決定断念へ 17日以降の見通し

 共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案について、政府が目標としていた10日の閣議決定を断念する方針を固めたことが7日、関係者への取材で分かった。与党内の議論が続いているためで、17日以降になる見通し。

 自民党の竹下亘国対委員長は7日の記者会見で、10日の閣議決定は「ない」と明言。自民、公明両党の党内手続きについて「自民党は14日に終了するのではないかと期待している。公明党の手続きも見守っている」と述べた。
 政府は7日の自民党法務部会で、条文に「テロリズム」の文言を入れた改正案を提示した。