マレーシア
今のカン大使を「好ましくない人物」に指定した、ということであって、大使を始めとする外交団について国外退去を求めたのではないので、別の人物が大使に任命されたら、受け入れる、ということだと思いますが、それにしても、はっきりした対応だと感じます。
マレーシア政府単独の判断ではなくて、中国やアメリカの了解や意向が背景にあるとも思います。


NHKのニュースサイトから

マレーシア 北朝鮮の大使に6日までの国外退去求める

マレーシア外務省は4日夜、マレーシアに駐在する北朝鮮のカン・チョル大使について、外交関係に関するウィーン条約の「好ましくない人物」にあたるとして、日本時間の6日午後7時までの国外退去を求めたと発表し、両国関係の悪化は決定的となりました。

マレーシアに駐在する北朝鮮のカン・チョル大使は、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が、首都クアラルンプールの空港で殺害された事件について、「マレーシア側は、なにかを隠し、われわれを欺こうとしている」などと、マレーシア政府の対応を非難しています。
カン大使について、マレーシア外務省は4日夜、外交関係に関するウィーン条約の「好ましくない人物」にあたるとして、6日の午後6時(日本時間午後7時)までに国外に退去するよう求めたと発表しました。
それによりますと、マレーシア政府は先月28日、現地入りした北朝鮮の代表団と会談し、カン大使の発言について、直ちに文書で謝罪するよう求めたものの、4日まで回答がなかったということで、「わが国の評価を汚す、いかなる試みや侮辱に対しても厳しく対処することを明確にする」としています。
マレーシア政府は、北朝鮮に駐在していたマレーシア大使を、先月20日に帰国させたのに続いて、ビザなしでの渡航を認めてきた北朝鮮の国民に対し、6日からビザの取得を義務づけることを決めており、北朝鮮大使の国外退去を求めたことで、両国関係の悪化は決定的となりました。

「好ましくない人物」とは
外交関係に関するウィーン条約では、駐在する外交官について、受け入れ国側が「好ましくない人物」を意味する、「ペルソナ・ノン・グラータ」に指定し、国外退去を求めることができると定められています。
最近では、アメリカのオバマ前政権が去年12月、ロシア政府が大統領選挙に影響を及ぼそうとサイバー攻撃を仕掛けたとして、アメリカに駐在するロシア政府の当局者35人を「好ましくない人物」に指定し、国外退去を命じました。
また、2012年には、シリアで市民への弾圧を続けていたアサド政権に対し、日本政府が欧米諸国と足並みをそろえて抗議するため、日本に駐在するシリア大使に対し、自主的に国外へ退去するよう求めたところ、これに対抗して、シリア駐在の日本大使がアサド政権から「好ましくない人物」に指定され帰国しました。