トルコトルコの保守化、社会の宗教化が進められています。

まだ、女性兵士の存在が認められている、というところで、宗教原理主義にそまった、とまではいえませんけれど。



河北新報から

トルコ、女性兵士スカーフ着用可 イスラム色鮮明に

 トルコメディアによると、同国国防省は22日、女性兵士のスカーフ着用を認めると発表した。イスラム教徒が国民の大半だが、トルコは建国以来、政教分離を国是とし、軍はその体制の守護者を自任してきた。エルドアン大統領が進めるイスラム化が軍にまで及んだ形で、トルコ社会のイスラム保守化が鮮明になった。

 トルコでは4月、大統領権限の強化を目指す憲法改正案を巡り国民投票が実施される。今回の措置はエルドアン氏の支持基盤であるイスラム保守層へのアピールの意味合いもありそうだ。
 女性兵士は、帽子の下で制服と同じ色などの条件でスカーフを着用できるという。