images
安倍首相は、近いうちに、会ってくれるでしょうか。

拉致家族会が、安倍首相と敵対するような発言を公言するようになってきました。
この団体も、政治的には監視する対象にしているのでしょうか。

安倍首相は、北朝鮮の拉致問題の解決を主張して、その権力の座についた、というイメージがあります。
今のままでは、安倍首相は、自らの利益のために、北朝鮮の拉致問題を利用しただけ、ということになってしまいます。

ナショナリズムを背景に支持をのばす政治家には、注意が必要です。


河北新報から

<拉致家族会>「今年中に救出せよ」運動方針

 北朝鮮による拉致被害者家族会と支援組織「救う会」が19日、東京都内で合同会議を開き、「政府は拉致問題を最優先とし、今年中にすべての被害者を救出せよ」との新しいスローガンや、今後の運動方針を決めた。

 7家族の13人と全国の救う会組織の26人が参加。「全被害者を帰すなら、見返りとして日本政府が独自にかけている制裁を解除できると北朝鮮に伝え、実質的な協議に入るべきだ」として、初めて「今年中」という期限を書き込んだ。
 今年は家族会結成から20年にあたる。
 家族会代表の飯塚繁雄さん(78)は「安倍晋三首相に会い、いつまでに解決するつもりなのか追及したい」と話した。